ぶどうの家

~心と体を癒やして日々元気に~

*

「 NEWS 」 一覧

昔の出来事を思い出す 〓回想法〓とは?

 まず、回想法について。

 回想法は1960年代にアメリカの精神科医である、
ロバート・バトラーによって創始された高齢者に対する
心理療法です。
ロバート・バトラーは「高齢者の回想は、
死が近づいてくることにより自然に起こる
心理的過程であり、また、過去の未解決の課題を
再度とらえ直すことも導く積極的な役割がある。」
と提唱し、高齢者の過去の思い出に焦点を当て、
"現実からの逃避"として、どちらかというと
否定的に捉えられていた過去への回想に
積極的な意味を見出そうとしました。
 現在、回想法は欧米を中心に
豊富な臨床・実践および研究が展開されていますが、
特に近年高齢者施設などでは、
認知症の改善につながるとして、
レクレーションの一つに取り入れ、
積極的に実施されるようになっております。(医療法人茜会様から引用)



ということで、今回昭和30年代を中心に
珍しい商品などをネットより探してきました。
このような商品を見て、少しでも以前の事を
通して脳の活性化が行われればと思います。

まずは、昭和30年代これを囲んで、
家族みんなで食事をしたものです。

当時は、家族揃って食事をするのは
当たり前の時代でした。

秋になると、秋刀魚(さんま)をこれでよく
焼いて食べていたことを思い出します。
煙がもくもくと出て、とてもいいにおいが
していました。

朝起きると、この中に入っているものを
唇を真っ白にしてよく飲んだものです。
とても美味しかったです。

今では、見かけなくなりました。

夜になると、外からマキを燃やして
中に丸い木を入れてその上から入りました。
とても、温もりました。
今では、スイッチで沸かすことが出来て
とても便利です。

井戸や庭池ではありませんよ。

冬になるとこれを火鉢の上でシャンシャンと
沸かしていました。
これでお茶を飲むと本当に美味しかったです。



 お家にご高齢の方がおられたら、一度尋ねて見てください。
「これはなんと言うものですか?」
すぐにわかると思います。
また、小学生や中学生の方がおられましたら
同じ用に聞いてみてください。
「これは何をするものですか?」

 また、面白いものを見つけてきます。
たまにチェックしてくださいね。(*^_^*)

公開日:

記憶するって?!

 一昨日の晩ごはんは何だっけ?
さっきテレビに出ていた司会者は誰だっけ?
今、ラジオから流れている音楽の曲名は何だっけ?
など、確かに記憶していたのに中々思い出せない事が
ありますね。
この頃、パソコンとかをさわっていると、
IDやパスワードを入れて下さいというのが、
沢山出てきます。
出来るだけ覚えやすいのを使っているのですが、
つい忘れてしまうこともあります。
今回、日本学術会議のサイトで記憶や脳に関する
とても興味あることがありましたので、少し
書きます。


 ★ものを覚えると、
その情報は脳の同じ所にファイルされるの?★

 「馬の脳」と呼ばれる「大脳辺縁系
(だいのうへんえんけい)」には、
「海馬(かいば)」という部分があります。
海馬は、タツノオトシゴのような形をしています。
 日常的な出来事や、勉強して覚えた情報は、
海馬の中で一度ファイルされて整理整頓され、
その後、大脳皮質にためられていくといわれています。
 つまり私たちの脳の中で、「新しい記憶」は海馬に、
「古い記憶」は大脳皮質にファイルされているのです。


★海馬が働かなくなるってこと、あるのかな?★

海馬が働かなくなると、私たちは新しいことが
覚えられなくなります。
つまり、昔のことは覚えていても、新しいことは
すぐに忘れてしまうのです。
 海馬はいわゆる「記憶の司令塔」とでもいえる
とても大切な場所ですが、とても壊れやすい性質を
持っています。
 例えば酸素不足で脳がダメージを受けるとき、
最初に海馬あたりから死んでいくといわれています。
 また、とても強いストレスにさらされたときにも、
海馬は壊れてしまう性質があります。
「サリン事件」や「阪神大震災」が起こったときに、
PTSD(心的外傷後ストレス障害)
という言葉を聞いたことがあると思いますが、
これは極端な恐怖やストレスで、
海馬に異常が現れる病気です。
 海馬は高性能ですが、とても繊細で
壊れやすい精密機械のようなものなのです。



★漢字を覚える記憶と、泳ぎ方を覚える記憶って
同じものなの?★

記憶には、頭で覚える
「陳述的記憶(ちんじゅつてききおく)」と、
体で覚える「手続き記憶」(技の記憶)
の2種類があります。
 むずかしい漢字を覚えたり、
計算のしかたを覚えたりするのが
「陳述的記憶」です。
「海馬」は、「陳述的記憶」をするときに、
大切な役割をはたしています。
この記憶は、一度覚えても、
けっこう忘れてしまったりします。
 「手続き記憶」は、自転車の乗り方や
泳ぎ方などを覚える記憶です。
一度しっかり覚えれば、なかなか忘れる
ことはありません。10年間も自転車に
乗らなくても体が覚えていて、
ちゃんと乗ることができます。
 この2種類の記憶は両方とも、
脳を使って記憶している点では同じです。



★「手続き記憶」ってどこに記憶されるの?★

 
「手続き記憶」(技の記憶)で
中心的な役割をはたしているのは、
海馬ではなくて脳のずっと奥にある
「大脳基底核(だいのうきていかく)」と、
後ろ側の下のほうについている
「小脳(しょうのう)」です。
 「大脳基底核」は脳が体の筋肉を
動かしたり止めたりするときに、
「小脳」は筋肉の動きを細かく調整して
スムーズに動くために働きます。
 私たちが一生懸命に体を動かし、
何度も失敗をくりかえしながら練習するうちに、
「大脳基底核」と「小脳」の
ニューロンネットワークが正しい動きを学び、
記憶していくのです。
 こうして体で覚えた「手続き記憶」は、
消えることなく、いつまでも私たちの
脳に刻み込まれるのです。



★お誕生日会の計画を立てるっていうときは、
どこで考えているの?★

 「人の脳」と呼ばれる大脳皮質には、
「前頭連合野(ぜんとうれんごうや)」という部分が
あります。
 前頭連合野は、脳のあちこちにファイルされている
情報をかき集めて、一時的に保存することができます。
そして集めた情報を組み合わせたり、ばらばらにしたりして、「これからどうするか」といったことを検討する場所です。
その働きがまるで「黒板」にいろいろな情報を
書き並べて作業しているようなので、
「心の黒板」とも呼ばれています。
 前頭連合野は、自分の意志で何かを計画し、
それを行うためのプランを立て、成功するために動き、
反省もするという「脳の最高司令官」
とでも言える重要な場所です。



★前頭連合野が行う記憶についてもっと教えて!★

 前頭連合野が行う、「心の黒板」のような働きを
「ワーキングメモリー」といいます。
「ワーキングメモリー」は、記憶の一種ですが、
人間の自意識につながるような、脳の情報処理のもっとも
高度な働きともいえます。
 いろいろな情報を組み立てて、問題を解決するときに
「ワーキングメモリー」は威力(いりょく)を発揮します。
 そのような意味で、「ワーキングメモリー」こそ、
もっとも人間特有の記憶といえ るかもしれません。


記憶・脳についてとても詳しくわかりやすく
書かれてありましたので、引用させて頂きました。
もっと詳しく色んなことをお知りになりたい方は、
日本学術会議おもしろ情報館クリックして
調べて下さい。


公開日:

長寿国日本!

 日本人はとても長生きするようになりました。
医学の発達や環境その他いろんな要因で、
長生きが出来るようになりました。
医療先進国のアメリカは意外と長寿では、
なかったのですね。
やはり、食べ物が原因しているのかわかりません。
日本の食べ物も欧米化してきているので、油断を
していると平均寿命を他国に抜かれてしまうかも
知れません。

 今まで、この幸せな日本を築き上げてくれた
高齢者の皆様に感謝です。

これからもみんな仲良く長生きをしましょう!!

公開日:

アルツハイマー治療薬

 インターネットで調べると色んな情報を
手に入れることが出来ます。
今日も少し調べていると、アルツハイマーの
治療薬が、ドイツでは治療薬として販売して
いるとの情報がありました。
興味のございます方は、下の動画を確認してください。
音声が出ますので、ボリュームの調整をして下さい。

もう一つ、日曜日の朝放映している所さんの目がテンでも
取り上げられていました。

少しでも効果があるのなら、日本での治療薬としての
販売も期待したいものです。

公開日: