ぶどうの家

~心と体を癒やして日々元気に~

*

インフルエンザに要注意!

   

 あちらこちらで、インフルエンザの声が
聞こえてきます。要注意です。

 インフルエンザは、国民の健康に大きな影響を
与えるおそれがある感染症のひとつとして、
法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で
「五類感染症」に定められています。

 一類感染症    エボラ出血熱、ペスト、SARSなど
 二類感染症    コレラ、細菌性赤痢、腸チフスなど
 三類感染症    腸管出血性大腸菌感染症
 四類感染症    黄熱、梅毒、後天性免疫不全症候群など
 五類感染症     インフルエンザ
 

インフルエンザ流行レベルマップ

 2009年第2週のインフルエンザの
全国レベルでの定点当たり報告数は
11.94(患者発生報告数56,592)と
前週の報告数(定点当たり報告数5.36)
よりも大きく増加した。
都道府県別では沖縄県(27.9)、
岡山県(20.7)、福島県(15.9)、
兵庫県(15.1)、山形県(14.5)、
大分県(14.0)、北海道(14.0)、
宮城県(13.7)、愛知県(13.4)、
広島県(13.4)の順となっている。
 警報レベルを超えている保健所地域は21箇所
(北海道10、大阪府3、兵庫県3、岡山県3、福岡県1、沖縄県1)、
注意報レベルのみを超えている保健所地域は256箇所(43都道府県)
と共に増加した。
第36週以降これまでに、インフルエンザウイルスの検出は
AH1(Aソ連)型296件、AH3(A香港)型324件、B型128件が報告されている。


↑をクリックして頂くと大きなマップになります。

 利用者の皆さま、利用者のご家族様、
スタッフ皆さま、くれぐれもお気を付けて
下さい。

 - スタッフブログ