ぶどうの家

~心と体を癒やして日々元気に~

*

〓脳と目の関係の不思議〓

   

 人間の目は6歳までに大体成長すると言われています。
目は、脳の一部として出来たとも言われています。
目と脳はとても不思議な関係を持っていると思います。
高齢者の方は、良く「年とったら目と足は大事に
せんとアカン。」
と言われますが、確かに目は
とても大事かなと思います。
今回は、大切な目に関することを書いていきます。



 満月の日に思うのですが、満月が水平線上に出た時は
こんなにお月様は大きくて、上空に上がると小さくなった
様な錯覚に陥る時があります。
同じお月様なのに大きさが変わって見えます。
目も脳と同じで、環境に左右されるものかと考えます。
下記の図を見てください。
右に回転しているように見えたり、左に回転している
様に見えたりします。
    
どちらに回転しているように見えますか?
上記は、アニメーションで動かしていますが、
動いていない絵を見ても動いているように
見える時があります。
下記の図を見てください。
静止画ですが、動いているように見えないですか?

少し図が小さいのでわかりにくいですが、
図をクリックして見てください。
より良く変化が分かると思います。



 下記の図は、どのように見えますでしょうか?

波線が左右に動いているように見えないでしょうか?
分かりにくい場合は、図をクリックして大きな図で
見てください。



 もっと、この錯覚(錯視)を楽しみたい場合は、
立命館大学の北岡明佳先生のサイトでお楽しみ下さい。


 とにかくいまだに、目と脳の関係は解明がされて
いないところが多く、今後はもっと詳しく解明
されてくることだと考えています。

 - NEWS, スタッフブログ